シミ除去施術の経験談

しみに効果絶大! ライムライトって知ってますか?

ライムライト:聖心美容クリニック

数年前から、しみ対策にライムライトを受けています。日焼け止めで予防しつつも、どうしても過去にあびた紫外線や、身体の不調などでしみをゼロにすることは難しいので、定期的に受けています。

ライムライトとは

日本人向けに開発された光治療器で、レーザー治療とは異なり顔全体に照射することができ、美容効果が高い治療です。照射は520~1,100nmの光が皮膚表面から真皮にかけて届き、この熱によりメラニンの排出を促し、皮膚の再生を早めます。
ライムライトの優れた点
・肌が黄色い日本人にあった治療方法
・今まで治療で効果が出にくかった、薄いしみにも対応
・コラーゲンを増やし、肌質の改善
・ダウンタイムが短く、日帰り&すぐにメイクが可能

光治療には、似た治療でフォトフェイシャルもありますが、個人的にはしみに特化するならライムライトがおすすめです。フォトフェイシャルは、肌全般に効果があり、しわ改善やハリを取り戻すときに良いと思います。期待する目的によって使い分けてください。

施術当日

まず、日焼け止めなどを洗顔ルームで落とします。その後、医師とカウンセリングをして、施術するかどうかを決めます。同日に施術も可能でした。照射は看護師さんが行います。

どこが一番気になりますか?など、多少の要望も聞いてくれるようでプチカウンセリングをされながらスタートしました。
ためしに1ショット打って「大丈夫ですか?」と確認しながら進めていくので安心です。また看護師さんは、仕事柄なのか美容意識の高い方が多いので、「私もこれやったんですよー」と体験談を聞かせてくれることもあり、楽しく会話をしながら施術が行われました。

一番気になるのは痛みだと思いますが、私は耐えられる痛さでした。よく言われる表現ですが、まさに輪ゴムではじかれたような一瞬パチッとする痛さで、麻酔なしで大丈夫です。出力は、つらい時は下げてもらえますが、特別に乾燥していたりしない健康な肌であれば、わりと耐えられると思います。
出力が大きいほど効果が高いそうです。私は半年ごとに1回施術し、計5回ほど行っており、すでに出力マックスなのでこれ以上は上げられないと言われています。
看護師さんいはく、痛みの耐久性は本当に人それぞれで、弱い人は途中でやめてしまう人もいるそうです。
無事に施術が終わった後は、看護師さんが冷たいタオルでクールダウンしてくれます。
お化粧直しをして美容皮膚科を出ますが、私の場合は処置が終わってからもクールダウンをしたいなぁと帰りに自動販売機でコールドの缶を買い、ぬるくなるまで顔全体にコロコロ当てて冷ましています。
出力が大きいほど、ぼわーんと肌に熱がこもる感じがあるので、保湿と冷却を念入りにしています。

■効果を上げるコツとしては

≪1回のみでは効果が出にくいので、数回行うのがベスト≫
初回は様子見であまり強い出力ではやってもえないことが多いですが、 回数を重ねると、医師も出力をあげてくれます。

あと、半年以内に次の施術を受ければ、前回の出力以上で受けられましたが、 間隔が飽きすぎると、前回から時間がたっているので様子見と称して、 出力を下げられることが多いので注意です。

≪事前にシェービング≫

なるべく肌そのものに光が当たるようにしたほうが効果は高いです。

■ダウンタイム

受けた後は、早ければ翌日からしみが濃くなり、かさぶたのようになります。
普段は気にしないような、ちいさなしみにも反応するので、一時的にしみが増えたように感じて驚くかもしれません。
施術を周りに気がつかれたくない方は、連休前に行うことをお勧めします。
大体5日~1週間くらいで肌は落ち着きますが、最初の2・3日はダウンタイムがあります。

迷っている時間が無駄!シミの悩みは思い立ったらすぐ解消できます!

ここ数年、右頬にうっすらですが1cmちょっとあるシミが出てきたので、ずっと気になっていました。朝コンシーラーで隠しても、夕方には崩れてしまい、またうっすらと目立ってしまう為、気になりながらもシミ除去の治療に抵抗もあった為、何年も見過ごしてきたのですが、年齢を重ねることに、目立ってきて、他にも小さなシミができてきた為、色々と検索して調べているとピコレーザーという、シミ治療を発見しました。

ピコレーザーと今までのシミ治療のレーザーと何が違うかといえば、1回でもシミがきれいにとれるところで、今までだと数回はレーザーを当てないといけないシミも、1回でペロリとはがれ落ちてきれいになるらしく、濃く大きなシミでも、ほんの数回で劇的にきれいになっているビフォアー・アフターの写真が数多くあり、

何回も通わなくていいうえに、値段もそこまで高額ではないので、これしかない!と思い、年末年始の連休中に滑り込みで予約をしました。

私が予約したのは銀座の美容皮膚科専門のクリニックだったのですが、年末年始の連休中にきれいになろうという方々が多く診察される中、なんとか予約をいれて頂いた為、2時間程待ったのですが、シミ治療の専門の先生に診ていただけて、その日の右頬の大きめのシミと、同じく右頬のもう少し小さめのシミと二箇所をピコレーザーで施術してもらいました。

金額は軟膏や、ビタミンCも混みで25000円程でした。

レーザー後しばらくすると、かさぶたができるので、無理に取らないように上から軟膏を塗り保護テープで密着させる、というのを1週間程続けたところ、7日目で自然とかさぶたがポロリ、とはがれ落ちました。

はがれ落ちた後には、まっさらのシミのないきれいな肌が!!! はじめ剥がれ落ちた時は感動ものでした。それかも保湿や日焼け対策にも気をつかっていたのですが、施術のときに先生からも言われていたのですが、レーザーを受けた人の2人に1人は、数ヶ月でまたうっすらとシミが出てくるそうです。ですが、半年程でまたその角質が排出され、その後はすっかりきれいになるそうです、。

私も1回はまっさらになったのですが、やはり数ヶ月後に先生の言っていたように、同じ箇所にうっすらとまたシミがでてきたので、半年程はきれいに消えるまで気長に待とうと思っていたのですが、ピコレーザーが素晴らしかったので、さらに色々調べていたところ、顔全体の細かいシミや色むら、くすみ、肝斑にはピコレーザーのトーニングが非常に効果的だと言うことを知り、 今度は新宿の別のクリニックでピコトーニングという施術を10回程受けました。 1回でも実感はあったのですが、回数を重ねるごとにうっすらとした全体のシミも、ピコーレーザーをして再度うっすらと出てきたシミも、くすみや心なしか毛穴まで小さくなり、感動的なほど美肌になりました。

それから美肌を維持するためにも、定期的にピコトーニングは通っています。痛みもさほどなく、10分程で顔全体が終わるので不可なく続けられます。 やはりシミがある肌とない肌では顔全体のトーンや、化粧の映え方も違いますし、若々しくみえます。なにより自分の気分があがります。

今や手軽で簡単にシミ治療ができる時代で、シミの治療にも多種多様なものがありますが、やはりレーザーは1回でも結果がでるので、かさぶたの期間は1週間程ありますが、シミの除去には一番オススメできると思います。

あとはシミが再発しないように、日頃の日焼け止め対策や、ビタミンCの摂取等をしっかりと行っていくことで、きれいな肌の状態を保てます。 シミ除去に迷っていた数年間がほんとうに無駄だった気がして、こんなに簡単にきれいになるなら気になったらすぐ行けば良かったとおもった程です。

迷っている方がいたら、是非自身をもってオススメしたいです。

右ほほのシミ除去施術経験について

ヒフ科で、はじめビタミン剤をもらっていました。完全予約制で流れ作業のように順番ごとに読んでもらえるので、仕事の間の昼休みに行っても昼を食べる時間があるのでとても重宝していました。ビタミン剤をもらっているうちに、受付に置いてある化粧品のパンフレットを見て興味がわいたので、病院のWEBサイトに行き美顔の部分を見始めました。

次回、ビタミン剤をもらいに行ったときに、美顔のところで気に入ったケミカルピーリングとシミ除去施術について院長先生に聞きました。相変わらず早い調子で説明受けたのですが、いろいろ省略すると、夏だったのでケミカルピーリングで脂部分をきれいにして、冬になったらシミ除去施術をしたらどうかとういう提案でした。シミ除去施術をしてからはしばらく直射日光に当たらないほうがいいという事で、夏だとどうしても日光の日差しは強いですし、まったく日差しを浴びないで過ごせる可能性は冬よりも低くなりますので、院長先生の提案道りにしました。

ケミカルピーリングでシミを薄くすることはできませんでしたが、脂っぽさはすくなくなったかなとおもいました。冬になりシミ除去施術をお願いしました。はじめは怖いと思っていましたが、やる前にはやっとやることになったと思いました。シミのある場所は、右目の目じりより斜め下の1センチくらいの大きさでした。10代のとき海によく行っていて日焼けが原因のシミだったようですが、くろいほくろのような感じでいつもその部分にファンデーションやカバーリキットを縫って、髪の毛で見えないようにしているけど目立つ状態がいやになっていました。

友達は「見えないよ」とか「気にすることない」と言ってくれていましたが、人が私の顔を見てるとシミを見ていると思ってしまうほど神経質になっていたので、怖さもありましたがやりたい気持ちのほうが大きかったです。やる前に、院長先生から説明がありました。1回で取れない場合があるとかリスクについてお話がありましたが、でも「大丈夫でしょう」とおっしゃってくれていたのであまり心配はしませんでした。

ただ、レーザーをいざあてるときは少し怖かったです。いつもの診察室の横に施術室があり入ったことがなかったからです。横になって目をつぶっているとシミ部分が熱くなり焦げ臭いにおいがして、すぐに終わりました。でも緊張でとても疲れました。薬とガーゼとテープをつけてもらいました。つけてないと日に当あたらないで生活する自信がなかったのでつけておいてもらったほうがいいと思ったからです。

1週間くらい薬をぬってガーゼを変えることをしていましたが、シミ除去施術の翌日に、施術あとをみました。正直言ってその時になって、後悔しました。というのも、まだ赤かったのもありますが、前よりもひどくなっていたからです。以前は黒かっただけでしたが、シミ除去施術のあとはその部分が一回り大きく盛り上がってしまったようでした。そのことを院長先生に話すと「一時的に濃くはなりますが、徐々にうすくなる」というアドバイスを頂戴しました。でも、薄くなることも、なくなることもありませんでした。

その時に失敗した!と後悔しました。それから半年以上黒いままで盛り上がった状態でした。何度か皮膚科にいきましたが、もう1回施術するというアドバイスが恐ろしすぎてできませんでした。もっとひどくなったらどうしたらいいのかという気持ちとお金を使って被害をさらに広げたくなかったからです。いまでも、2度とシミ除去施術をしないと思っています。友人でもシミを取りたいという人には、レーザーのシミ除去施術は絶対にやめたほうがいいといって、私のシミ除去施術痕をみせるとだれもやりたいといわなくなりました。本当にシミ除去施術を受けたことを後悔していますし、おすすめしません。

「案じるよりは産むがやすし」で美容皮膚科に訪れるのもアリ!ですよ

20代の頃にデパートの化粧品のカウンターで、顔の皮膚の奥に潜むシミのチェックをしてもらったことがあります。今現在はまだ皮膚の表面には出ていないけれど、将来的にじわじわと現れるシミをチェックするものです。まだ20代前半でしたし、肌もつるんとして綺麗。なのに実際チェックしてもらったら、とてつもない数のシミの予備軍が至るところに。ですがその当時はあまり重要視していなかったといいますか、今こんなに肌がきれいなのに、本当に将来シミが現れるのか?と甘く考えておりました。

私は今40代後半ですが、10代の頃は、現代のように、紫外線を浴びてはいけない、とか、ガンの元になる、とか、そういう類の話は聞きませんでした。適度に紫外線は浴びた方が良い、風邪をひいたら海に行って太陽の下の元、紫外線を浴びたほうがよい(笑)と言われた時代。ですから、紫外線も私たちの味方、海水浴ではバンバン肌を焼いていましたし、高校の部活ではテニス部に所属し、太陽の下で真っ黒に日焼けしながら活動しておりました。ところがところが、いつの時代からでしょう。紫外線が肌に良くないと言われ始めたのは。時すでに遅しです。毎年海水浴に年に数回行っておりましたし、日焼けから炎症を起こし、背中や顔の皮膚がむける、なんてことも時折ありました。たとえ日焼けを数回繰り返したとしても、秋口にはすっかり元通り。色白な自分に戻っていました。それがいつからか、日焼けをした肌がいつまでも白く戻らず、背中などは特に鏡で見ると、秋どころか冬になってもうっすら焼けたままの状態が続くようになってきました。そんな悲しい過去からか、今現在私の背中は元より、顔にもいくつかしみがうっすら浮かび上がっています。シミ除去には興味がありましたが、皮膚科で治療するのは何となくこわい印象もありましたし、費用も高いのではないかと思いまして、躊躇しておりました。そんなことから自宅で高価なホワイトニング化粧品を使用したり、ビタミンC入りの化粧品を何年も使用する毎日でした。

しかしなかなか効果は見られず、第一子、第二子と妊娠をするたびにホルモンの関係からか、また新たに皮膚に現れるシミ。しかもなんと、うっかりと170度の高温のヘアアイロンをうっかり頬に当ててしまい、またもや頬に深いシミを作ってしまいました。近所の皮膚科を訪れるとハイドロキノンのクリームを処方してくれました。しばらく使い続けていましたが、目に見える効果は表れません。そんな折、久しぶりに会った友達から、地元の美容皮膚科で良いところがあるよと紹介してくれました。友達も通院しているというので、思い切って訪れることにしました。インターネットで調べると、特別予約なしでOKでした。すこし緊張しながら行ってみると、待合室にはたくさんの患者さんがいました。

しばらく待って、いざ診察室へ。先生はしみの状態を見ると「個人差はありますが、レーザー治療をしてみますか?」ということで恐る恐る治療を受ける決心をしました。

一回でもかなり効果がある方もいるそうで、かなり期待が持てました。一回の治療は本当にあっけなく終わりました。日焼けは絶対禁止とのことでしたので、それからマスクをし、紫外線を防止する生活が始まりました。施術を受けた肌はかなり敏感になるそうです。私の場合は一回でもかなり効果がありました。費用もインターネットで公開されておりますが、恐らく県内でも安価な方なのかなと思います。口コミでも多くの患者さんが訪れているそうです。今回はヘアアイロンでのしみ治療のみでしたが、他にも気になるシミや目の下のホクロ等もとても気になっているので、また訪れようと思っています。ケミカルピーリングも行っているそうで、綺麗な肌の状態を保つには定期的に通うのがおすすめだそうです。肌の奥表面に眠っているシミ予備群を防ぐために、私は最近、チョコラBBも飲み始めました。今回美容皮膚科を訪れて思ったことは、CMで流れているような高価な化粧品を使うのも勿論良いのかもしてませんが、私には美容皮膚科での治療がより効果的でした。

いくつになってもきれいな肌でいたいと思うのは、いけませんか?

子供の頃から色白な肌だったために、小学生の時にはすでにそばかすもありました。そして、そばかすは中学の頃には一度止まりました。ですが、外でのクラブをしていたので、色白の肌もすっかり真っ黒になりそのまま高校生くらいまで黒いままでした。やがて20代くらいには元の色白の肌に戻っていたのですが、出産を二度の出産によって色素沈着がひどくなり腕などにもシミがたくさん出てしまいました。それに加えて幼児の頃はどうしても公園にも行かなければならない、幼稚園に炎天下の時間にお迎えに行かなければならないなどで、顔中にシミができてしまいました。もうコンシーラーを使ってもファンデーションを厚塗りしてもシミを目立たなくすることはできなくなり、毎日鏡を見るのが辛くて仕方がなくなっていました。

 そのような日々が続いていた時、ママ友の一人が「シミを取りに皮膚科に行く」と話してくれたのです。その時はどのような処置に行くのかはわからないままでした。ですが、一週間くらいしてからそのママ友に会った時に違ったんです。彼女も日焼けもしていたせいもありかなりシミがありました。ですがその時には肌の色は変わってはいなかったのですが、シミがなくなっていました。

 とても驚きました。その時にはもう私もしようと思っていました。彼女から聞いた皮膚科は、西宮市にある駅前のとき皮膚科です。その皮膚科は、私も子供の皮膚のトラブルで通ったこともあり知っていたごく普通の皮膚科でした。さっそく電話で問い合わせをして予約を入れてもらい、最初の問診から始めました。先生がおっしゃるには、レーザーを使って顔全体に照射していく方法で、一回で劇的にというよりは、何回かでしっかりとした効果がでるとのことでした。ですので、とりあえず一回目を試してみようと思いお願いしました。レーザー治療は、顔にレーザーを当てるものであるのですが、実際には黒い部分にだけレーザーが反応してその部分だけを光を浴びせるのです。ですので、シミではない部分には反応しません。もし顔の鼻から半分上にシミが集中しているとしたら、その半分だけをお願いすることもできます。

 ドキドキしながら初めての治療に行った時、リラックスできるように横にならせてくれました。そして、目を守るカップみたいな物をつけて、これはプールに入る際につけるゴーグルみたいなものです。ゆっくりと治療に入ります。

 ます、ほほのはしのあたりからレーザーを当てるのですがパチン、パチン、と音がします。そしてレーザーにもよりますが若干チクチクとしていました。痛いというほどではありませんが全体にあてていくのでかなり時間がかかる気がします。ただ目のまわりにレーザーがきた時は薄くレーザーの色が見えたのでちょっと怖かったです。そして、全体にしっかりとレーザーを当てたあとは、顔に冷やすマスクをして少しの時間休みます。どうしてもレーザーをしている時は体に力が入っているようで、終わると体中から力が抜けていくのがわかるほどです。そして治療は終わります。家に戻ってから鏡を見ても何も変わったような感じにはなりません。変化が訪れるのは次の日の朝くらいです。

 朝起きて鏡を見てびっくりします。顔中がボツボツで一杯になっているからです。そしてそのボツボツのところは弱くなっているせいか少々痛いです。ですが、ここで、引っ張ったり、むしったり傷をつけては絶対にいけません。ただひたすらそのボツボツがかさぶたとなりポロリと落ちるのを待たなくては、せっかくの治療が台無しになってしまいます。

 一週間ほど経ってかさぶたがだんだん取れてくると、そのしたにはもうシミはありません。レーザーで取れたのです。初めて体験した時は本当に感動しました。ですが、人間は、どうしても生活している間に日差しを浴びてしまう。もちろん冬でもです。なので、また新しいシミは肌の奥深くで作られてしまうのだということを覚えておいてください。また、あらためてレーザーに行くのもよしですが、なるべく予防することを意識して生活することで、新しいシミを遅く少なくすることはできますので。

シミやそばかすに悩んでいるならシミ除去の施術がオススメ

私は顔全体にそばかすがあり、それが昔からの悩みでした。 母親もそばかすがあるので、遺伝なのだと思います。 そして私の趣味は海でスキューバダイビングやシュノーケルをすることなので、紫外線にあたってしまって余計に濃くなっていました。 そばかすだけでなく、シミもたくさんできてしまって悩み、そして美容外科にてシミ除去の施術を受けることにしました。

まずはインターネットで検索し、自宅近くにあった湘南美容外科でトライアルで3,000円ほどのシミ除去をやっていたので、とりあえず行ってみることにしました。 電話で予約をし、実際に行くと看護師さんが簡単なカウンセリングをしてくれます。 私が予約したのはフォトRFアドバンスという施術で、顔全体に光を照射して、シミやそばかすを薄くしていくというものでした。

カウンセリングの内容は、「今までこういったことはしたことがあるか」「具合が悪くなったことはないか」等、他にも「顔の中でも特にどのあたりが気になるか」といったことでした。 そしてそれらに答え、いざ施術へ。 施術ベットに寝ころび、カーテンで仕切られた空間で担当の看護師さんと二人きりで行いました。

施術の時にノーメイクにならないといけないことが分かっていたので私は最初からノーメイクで行きましたが、メイクをしている場合はトイレでメイクを落としてからの流れだそうです。トイレにメイク落としや洗顔も置いてあるので、手ぶらでも大丈夫ですし、タオルなんかも貸してくれるので仕事終わりにそのまま行っても大丈夫です。 私はノーメイクだったので、洗顔だけして、施術となりました。

特に肌に何も塗ったりもせず、看護師さんが機械を顔にあてていきます。 光をあてる度にパチパチと音がし、少しの刺激がありますが、痛くはありません。 輪ゴムを軽くはじく程度の刺激で、嫌な感じもありませんでした。 強い光なので目にゴーグルのようなものを付けられるので実際には見えませんが、顔全体にまんべんなく光をあててくれます。 そして事前にカウンセリングした時に特に気になる箇所を伝えたのですが、しっかりとそこを重点的に照射してくれていました。

施術自体は、10~15分ほどで、長くはないので、苦でもありません。 「これで綺麗になれる」と期待している内に終わった感じでした。

そして施術が終わると保湿化粧水ももらったので、それを塗り、あとは料金を払っておしまいです。 施術の後はたっぷり保湿をする必要があるようで、寝る前にもたっぷり保湿するように言われました。 直後がら化粧しても問題ないようで、その日にお風呂につかることも大丈夫だそうです。

そしてその結果ですが、あまりにも効果があって驚きました。 施術をしたその日の夜、シミやそばかすが明らかに施術前より濃くなっていました。 そして次にの日になるとかさぶたのようになり、シミやそばかすが肌の奥がら出てきているような感じになっていました。

「シミがかさぶたになって取れる」と事前にカウンセリングで聞いてはいたのですが、本当にかさぶたのようになっていて驚きました。 そして2,3日経過すると、そのかさぶたは自然にはがれます。 するとシミが薄くなっていました。

もともとあったシミがその一回で完全になくなるのではなく、元々のシミが薄くなる感じです。 「徐々に薄くして完全になくすまでは時間がかかる」とカウンセリングで聞いていたように、やはり回数は必要なようですが、1回でもかなり薄くなります。 そして肌全体も、その光には肌を活性化する働きがあるようで、かなり綺麗になりました。 具体的に言うと、毛穴が小さくなり、キメが整うような感じで、トーンも一段階明るくなります。

トライアルで効果を実感したので、カウンセリングで言われたように月に1回の施術を受け、合計で5回契約しましたが、ほとんど目立たないくらいに薄くなりました。 生まれつきであるそばかすは、シミより頑固ですが、自分では気にならないくらいに薄くなったので満足です。

皮膚科でのシミ除去施術はお勧めです。

皮膚科でシミ除去をやってもらいました。レーザーで焼くのです。友人が先に体験してシミのひとつがきれいになくなったと聞いていたので、不安はありませんでした。予約も不要で、シミをとりたいことを話すとその日のうちにやってもらえました。ただ、普通の皮膚科たったので、他の患者さんがいるところで、シミと取りたいのいうのは少々恥ずかしかったです。予約できる病院の方がよかったかもと思いました。

診察室に呼ばれると、始めに鏡を見て皮膚科の医師と相談しながら、とりたいシミを見ていきます。そこは一回3個までがおすすめです。一回に3個以上とるのは痛みなどの負担が大きいので、たくさん取りたい場合は何回かに分けた方がいいと言われました。また広範囲のシミ取りはできないと言われました。また 目の近くは危ないため、口の周りは痛みが強いので、それもおすすめはしないと言われました。
目の近くといっても、際でなければ大丈夫です。私もまぶたのシミをとってもらいました。

とるシミを決めたら、医師が顔の絵に印をつけていました。そしてベットに横になって、まず麻酔注射をします。それぞれのシミのそばに打つのです。それがかなり痛かったのです。それからレーザーをあてるようなのですが、アイマスクをしていたので、よく見えませんでした。まぶたのシミ除去の時は目をつぶっているように言われていました。でも医師はから、今から治療しますね、などと声はかけてくれます。

レーザーを当てた時に痛かった時は、痛いと言うとさらに、麻酔注射を打っていきます。なので、レーザーを当てることは痛くありませんでした。そしてシミととった後は絆創膏を貼ります。それで終わりです。その後病院に行く必要もありません。

シミ除去の直後は麻酔も効いていたのか、全く痛みはなかったのですが、30分位すると少し痛みが出てきました。やはり、3か所でよかったと思いました。でも痛みは数時間でなくなります。翌日は違和感は全然残っていませんでした。その後は2週間くらい、絆創膏を貼っています。その後、かさぶたになります。

友人がシミ除去をしたことを聞いたきっかけはそのかさぶたです。友人のまぶたにかさぶたがあって、そんなところにけがしたの、と聞いたら、実はシミ除去をした、と教えてくれたのです。それがとれると、赤っぽい皮膚になりますが、半年くらいたつと、シミのない周りと違和感のない肌になっています。とてもうれしかったです。

絆創膏を貼る期間があるので、年末年始の休みが長い前に皮膚科に行きました。周囲の人にシミ除去をしたことを話すと、私も行く、という人が何人かいました。病院で待っているときは年配の男性もシミ除去をお願いしているのを目にしました。性別や年齢に関係なく、シミに悩んでいる人がたくさんいることがわかりました。

除去した後は、整形手術をして偽りに自分の姿になったような気もしましたが、周囲の人から好評だったので、安心しています。その後、もう一回シミ除去に行きました。今度は鼻の上のシミなどをとったのですが、鼻の麻酔注射、麻酔が切れた後はとても痛かったです。その痛さと後の絆創膏の期間の面倒さで今はもう、行っていません。

でも、また 目立つシミができたら、大きくなる前に行こうと思っています。飲み薬などに頼るより効果がしっかり出るので、やはり病院のレーザーのシミ除去がいいと思います。鏡を見ていつも気になっていたシミがなくなったことは本当にうれしかったのです。自分に少し自信がもてるようになりました。なので、興味を持った知人には年齢に関係なく、その病院でのシミ除去はお勧めしています。しかし、病院に行った若い知人で、まだ必要ないんじゃない、と言われた人もいましたが。。。

昔からあった大きなシミが小さくなりました 格安シミ取りで美容皮膚科デビュー!(韓国&日本) シミは治療ができる。そしてシミの治療は果てしない。