シミ除去施術の経験談

皮膚科でのシミ除去施術はお勧めです。

皮膚科でシミ除去をやってもらいました。レーザーで焼くのです。友人が先に体験してシミのひとつがきれいになくなったと聞いていたので、不安はありませんでした。予約も不要で、シミをとりたいことを話すとその日のうちにやってもらえました。ただ、普通の皮膚科たったので、他の患者さんがいるところで、シミと取りたいのいうのは少々恥ずかしかったです。予約できる病院の方がよかったかもと思いました。

診察室に呼ばれると、始めに鏡を見て皮膚科の医師と相談しながら、とりたいシミを見ていきます。そこは一回3個までがおすすめです。一回に3個以上とるのは痛みなどの負担が大きいので、たくさん取りたい場合は何回かに分けた方がいいと言われました。また広範囲のシミ取りはできないと言われました。また 目の近くは危ないため、口の周りは痛みが強いので、それもおすすめはしないと言われました。
目の近くといっても、際でなければ大丈夫です。私もまぶたのシミをとってもらいました。

とるシミを決めたら、医師が顔の絵に印をつけていました。そしてベットに横になって、まず麻酔注射をします。それぞれのシミのそばに打つのです。それがかなり痛かったのです。それからレーザーをあてるようなのですが、アイマスクをしていたので、よく見えませんでした。まぶたのシミ除去の時は目をつぶっているように言われていました。でも医師はから、今から治療しますね、などと声はかけてくれます。

レーザーを当てた時に痛かった時は、痛いと言うとさらに、麻酔注射を打っていきます。なので、レーザーを当てることは痛くありませんでした。そしてシミととった後は絆創膏を貼ります。それで終わりです。その後病院に行く必要もありません。

シミ除去の直後は麻酔も効いていたのか、全く痛みはなかったのですが、30分位すると少し痛みが出てきました。やはり、3か所でよかったと思いました。でも痛みは数時間でなくなります。翌日は違和感は全然残っていませんでした。その後は2週間くらい、絆創膏を貼っています。その後、かさぶたになります。

友人がシミ除去をしたことを聞いたきっかけはそのかさぶたです。友人のまぶたにかさぶたがあって、そんなところにけがしたの、と聞いたら、実はシミ除去をした、と教えてくれたのです。それがとれると、赤っぽい皮膚になりますが、半年くらいたつと、シミのない周りと違和感のない肌になっています。とてもうれしかったです。

絆創膏を貼る期間があるので、年末年始の休みが長い前に皮膚科に行きました。周囲の人にシミ除去をしたことを話すと、私も行く、という人が何人かいました。病院で待っているときは年配の男性もシミ除去をお願いしているのを目にしました。性別や年齢に関係なく、シミに悩んでいる人がたくさんいることがわかりました。

除去した後は、整形手術をして偽りに自分の姿になったような気もしましたが、周囲の人から好評だったので、安心しています。その後、もう一回シミ除去に行きました。今度は鼻の上のシミなどをとったのですが、鼻の麻酔注射、麻酔が切れた後はとても痛かったです。その痛さと後の絆創膏の期間の面倒さで今はもう、行っていません。

でも、また 目立つシミができたら、大きくなる前に行こうと思っています。飲み薬などに頼るより効果がしっかり出るので、やはり病院のレーザーのシミ除去がいいと思います。鏡を見ていつも気になっていたシミがなくなったことは本当にうれしかったのです。自分に少し自信がもてるようになりました。なので、興味を持った知人には年齢に関係なく、その病院でのシミ除去はお勧めしています。しかし、病院に行った若い知人で、まだ必要ないんじゃない、と言われた人もいましたが。。。