シミ除去施術の経験談

しみに効果絶大! ライムライトって知ってますか?

ライムライト:聖心美容クリニック

数年前から、しみ対策にライムライトを受けています。日焼け止めで予防しつつも、どうしても過去にあびた紫外線や、身体の不調などでしみをゼロにすることは難しいので、定期的に受けています。

ライムライトとは

日本人向けに開発された光治療器で、レーザー治療とは異なり顔全体に照射することができ、美容効果が高い治療です。照射は520~1,100nmの光が皮膚表面から真皮にかけて届き、この熱によりメラニンの排出を促し、皮膚の再生を早めます。
ライムライトの優れた点
・肌が黄色い日本人にあった治療方法
・今まで治療で効果が出にくかった、薄いしみにも対応
・コラーゲンを増やし、肌質の改善
・ダウンタイムが短く、日帰り&すぐにメイクが可能

光治療には、似た治療でフォトフェイシャルもありますが、個人的にはしみに特化するならライムライトがおすすめです。フォトフェイシャルは、肌全般に効果があり、しわ改善やハリを取り戻すときに良いと思います。期待する目的によって使い分けてください。

施術当日

まず、日焼け止めなどを洗顔ルームで落とします。その後、医師とカウンセリングをして、施術するかどうかを決めます。同日に施術も可能でした。照射は看護師さんが行います。

どこが一番気になりますか?など、多少の要望も聞いてくれるようでプチカウンセリングをされながらスタートしました。
ためしに1ショット打って「大丈夫ですか?」と確認しながら進めていくので安心です。また看護師さんは、仕事柄なのか美容意識の高い方が多いので、「私もこれやったんですよー」と体験談を聞かせてくれることもあり、楽しく会話をしながら施術が行われました。

一番気になるのは痛みだと思いますが、私は耐えられる痛さでした。よく言われる表現ですが、まさに輪ゴムではじかれたような一瞬パチッとする痛さで、麻酔なしで大丈夫です。出力は、つらい時は下げてもらえますが、特別に乾燥していたりしない健康な肌であれば、わりと耐えられると思います。
出力が大きいほど効果が高いそうです。私は半年ごとに1回施術し、計5回ほど行っており、すでに出力マックスなのでこれ以上は上げられないと言われています。
看護師さんいはく、痛みの耐久性は本当に人それぞれで、弱い人は途中でやめてしまう人もいるそうです。
無事に施術が終わった後は、看護師さんが冷たいタオルでクールダウンしてくれます。
お化粧直しをして美容皮膚科を出ますが、私の場合は処置が終わってからもクールダウンをしたいなぁと帰りに自動販売機でコールドの缶を買い、ぬるくなるまで顔全体にコロコロ当てて冷ましています。
出力が大きいほど、ぼわーんと肌に熱がこもる感じがあるので、保湿と冷却を念入りにしています。

■効果を上げるコツとしては

≪1回のみでは効果が出にくいので、数回行うのがベスト≫
初回は様子見であまり強い出力ではやってもえないことが多いですが、 回数を重ねると、医師も出力をあげてくれます。

あと、半年以内に次の施術を受ければ、前回の出力以上で受けられましたが、 間隔が飽きすぎると、前回から時間がたっているので様子見と称して、 出力を下げられることが多いので注意です。

≪事前にシェービング≫

なるべく肌そのものに光が当たるようにしたほうが効果は高いです。

■ダウンタイム

受けた後は、早ければ翌日からしみが濃くなり、かさぶたのようになります。
普段は気にしないような、ちいさなしみにも反応するので、一時的にしみが増えたように感じて驚くかもしれません。
施術を周りに気がつかれたくない方は、連休前に行うことをお勧めします。
大体5日~1週間くらいで肌は落ち着きますが、最初の2・3日はダウンタイムがあります。